お金借りる自営業

\自営業の方がお金借りるなら/

トップページ > 京都府

急な出費で生活費がピンチ…
今月は収入が少なくて金欠…
自営業はローン組めないんじゃ…
自営業でも借りれる所ある?


お金が必要な自営業の方は必見!

こちらでは京都府でお金を借りたい自営業の方のために、即日融資も可能な自営業向けカードローンをご紹介しています。(※最短1時間融資)

自営業なら大手の消費者金融で借りるのがおすすめ

お金を借りたいと思った時に便利なのが、カードローンやキャッシング。

ですが、自営業の方がお金を借りる場合は審査に通らなかったり、審査に通ったとしても希望する額が借りられないのでは?と、不安に思う方が多いのではないでしょうか。

そんな自営業の方におすすめなのが、大手の消費者金融カードローンです。

よく比較される銀行カードローンの場合は低金利ですが、金利が低いために審査が厳しいのが特徴です。収入が不安定な自営業者の場合は審査に落ちる可能性が高くなります。

反対に消費者金融は金利がやや高いものの、審査は柔軟に対応してくれるところが多いため、自営業者におすすめのカードローンとなります。

特に大手の消費者金融であれば、初回借入時のみ最大30日間無利息で借りれるサービスや、即日融資にも対応していることもあり、メリットが大きい点がおすすめポイントになります。

自営業の方がお金借りるなら収入証明書類のご用意を

大手の消費者金融カードローンの場合は、借入希望額が50万円以下の場合に限り収入証明書の提出なしでお金を借りれます。

ですが、自営業の場合はたとえ借入希望額が50万円以下であっても、無条件で収入証明書類の提出が求められることが多いです。

というのも、消費者金融は法律により年収の3分の1までしか融資できません。そのため、金融機関が年収を把握する必要があることから、収入が不安定な自営業の方は特に収入証明書の提出が求められるという事です。

提出が求められる収入証明書類は金融機関ごとに異なるので、申込前に公式サイトで確認しておくことをおすすめします。

自営業者がお金を借りるなら利用目的をはっきりすること

自営業でも借りれるカードローンやキャッシングには、事業資金には使えない場合があり注意が必要です。

もしも事業資金として借り入れたいなら、ビジネスローンに申し込む必要があります。

反対に事業資金以外のプライベートな事であれば、使い道自由なので何でもOK!

ただし、自営業の場合は節税のために経費と生活費の区別があいまいな場合が多いです。お金を借りたらきちんと返済できるよう、利用目的をはっきりしておくことをおすすめします。

自営業者がお金借りるなら
\使い道自由な即日ローン/

PC・スマホから申込可能
24時間365日土日もOK
実質年率4.5%~17.8%
限度額1万円~500万円
審査時間最短30分
無利息期間30日間
  • 初回は30日間利息0円
    メールアドレス登録とWeb明細利用の登録をするだけで、30日間利息0円でお金が借りれます。
  • 担保・保証人なしで借りれる
  • 今日中に借りれる
  • Webなら最短1時間で借入OK
  • スマホなら専用アプリが便利
  • 大手キャッシング会社で安心

【収入証明書類】
自営業者の場合は、以下のいずれかの公的な収入証明書類があると信用度が高くなります。

  • 確定申告書
  • 住民税決定通知書
  • 所得証明書
  • 課税証明書 など

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • パスポートまたは健康保険証+住民票
  • 在留カード
  • 特別永住証明書 など
最短即日で振り込み可能
実質年率3.0%~18.0%
限度額1万円~800万円
審査時間最短30分
無利息期間最大30日間
  • 初回は最大30日間利息0円
  • 担保・保証人なしで借りれる
  • 今日中に借りれる
  • Web完結で契約手続き可能
  • PC・スマホで申し込みOK

【収入証明書類】
自営業の方は、お借入総額により以下の収入証明書のいずれかが必要です。

  • 市民税・県民税額決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書(第一表) など

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • 健康保険証 など
来店不要で即日融資OK
実質年率4.5%~18.0%
限度額1万円~500万円
審査時間最短30分
無利息期間最大30日間
  • 担保・保証人なしで借りれる
  • 今日中に借りれる
  • Webですべての手続き完了
  • 初回は30日間利息0円

【収入証明書類】
自営業者の場合、以下のいずれかの公的な収入証明書類を提出すると審査に有利になるようです。

  • 住民税決定通知書
  • 確定申告書
  • 所得証明書 など

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 公的証明書類
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード など

まとめ

こちらでは、自営業の方におすすめのカードローンをご紹介しました。

実は自営業の方は、一般の会社員と比べるとお金が必要になる機会が多い職業です。

急ぎでお金が必要ではない方でも、いざという時のためにカードローンに申し込みしておくというのはいかがでしょうか。

ちなみに大手消費者金融で用意されている30日間無利息サービスですが、一般的には契約日の翌日から無利息期間が適用になります。これでは契約後すぐに早く借り入れしないと無利息期間がどんどん過ぎてしまいます。

一方プロミスの場合は、初回借入日の翌日から無利息期間が適用されるのが特徴です。

これだと、あらかじめプロミスに申し込みだけしておけば、後日借入した場合でも30日間利息0円で借りれる事になりとてもお得です。

よって、どうしても今すぐお金が必要な方、急ぎではない方でも、自営業者がお金を借りるならプロミスをおすすめします。

京都府の方向け自営業者の借り入れQ&A

こちらでは、お金を借りたい自営業の方のために、よくある質問と答えをQ&A形式でまとめてご紹介しています。

Q. 自営業者はローン組めないイメージがあるんですが、消費者金融でもローン組めないでしょうか?

A. 大手消費者金融を利用すれば、自営業や個人事業主の方でも申し込みできます。

自営業または個人事業主の方の場合、収入が不安定なイメージがあるために審査で不利になってしまうようです。

という事は、安定した収入があることが証明できれば、審査に通る可能性が高くなるということになります。

その安定した収入を証明するためには、「公的な収入証明書類」を提出するのが一番確実です。

おもな収入証明書類は以下の通りです。

【収入証明書類】

  • 給与明細書
  • 源泉徴収票
  • 所得証明書
  • 課税証明書
  • 住民税額決定通知書
  • 確定申告書の控えのコピー など

なお、金融機関ごとに収入証明書類として認められる書類は異なります。自営業の方は公式サイトで確認し、事前に用意しておくことをおすすめします。

Q. 自営業でも今日中に即日で融資してもらえるカードローンってありますか?

A. 即日融資にも対応している大手の消費者金融なら、自営業の方でも即日でお金を借りることが可能です。

こちらでご紹介しているプロミスアコムアイフルなら審査が早く、申し込みから借り入れまでの手続きも早いのでおすすめです。

また、はじめて利用する方には30日間利息0円で借りれるお得なサービスが適用されるので、銀行カードローンより早くお得にお金を借りることが出来ますよ。

お急ぎの方は必要書類を用意し、パソコンやスマホからWeb申し込みすることをおすすめします。

Q. どうしても生活費が足りません。自営業なんですが消費者金融で融資してもらえますか?

A. はい。自営業の方でも生活費として借り入れるなら融資可能です。

自営業の方が消費者金融のカードローンを利用する場合は「事業資金」として借り入れることはできませんが、生活費としてお金を借りることは十分可能です。

よく大手カードローン会社では、○○万円以下の少額借入なら収入証明不要で借りれる所が多いですよね。

ですが、自営業者の場合にはたとえ少額借入であっても、収入証明書を用意するようにして下さい。そうすれば審査において有利になると思われます。

それから希望する借入額についてですが、はじめは必要最低限のみ借りるようにしてみて下さい。

自営業以外の方でも、高額融資を希望するより少額融資を希望するほうが、審査に通る可能性は高くなるようです。

自営業の借り入れ基礎知識コラム

キャッシングを利用したいと考えた借り方は、何を置いてもまずはキャッシング審査早いに合格する必要があります。


現在の他社借入状態、お仕事やお給料金額など少し厳しい内容につきましても追及されてチェックされます。審査時間が短いということを謳っているようなカードローンの審査早い貸金業者ですと長く時間を使ったとしても大体30分ぐらいでしっかりと審査結果が示されるものだと言えるのですが、キャッシング会社に知らせていた勤務先に所属しているか在籍確認が取れた後に借り入れがこの時点で初めて出来るようになるということですので、他社借入の申告など大まかで済ませずに丁寧に取り組みましょう。

万が一の時に便利なキャッシング審査早いでの融資の受け方はコンビニでも行えるのが誰でも都合良く利用でき、とても重宝しますよね。ATMを触っている時、もしも他人から見られたとしても、現金を借りているのか?口座からの引き出しなのか?振り込みをしているところなのか?預け入れなどをしているのか?僅かな時間では何をしているか知られることがない所が落ち着いた気持ちで利用できる嬉しい流れです。加えて、休みなく1年中24時間利用できるところも現金が僅かしかないのにそこそこの金額が必要な時にサポートになると思います。キャッシング審査早いと評判でも在籍確認はしっかり行います。キャッシング審査通りやすいでは他社借入の状況も質問されますので、包み隠さずに答えましょう。キャッシングを使っている中で多重債務を負う危険性を回避するには、まず、ちゃんとした返済計画を考えてそれを遂行することが大切ですが、あと一つ大切なのはある融資の返済がなくなっていないのにさらにキャッシングをしないことでしょう。

自営業者が金融機関からお金を借りるには、少額の借り入れでも収入証明書類を提出するなど、審査落ち対策をしておくのがおすすめです。キャッシングというのは短い期間借りる小口融資のことと言いますがそれに対し、長い間で大型の融資を受けることをカードローンという点が一般的に異なっている借り方です。
そのため、いざ利用する際の流れにはカードローンの審査緩いとされる定められた規則として返済方法としては翌月の指定された日に一括で払う事になりますが、カードローンは長期的な返済が可能なリボルビング払いが基本なのです。このことから、金利に関してはあくまでもカードローンを利用する時の方が高金利になります。そして、カードローンの審査早いと言えども、他社借入がないと虚偽の証言をした場合には融資を受けられないでしょう。

自営業者が金融機関からお金を借りるには、少額の借り入れでも収入証明書類を提出するなど、審査落ち対策をしておくのがおすすめです。

借り入れのためのプロミス審査の借入方法の流れでは、信用情報の確認はもちろん、在籍確認、属性確認、書類確認等あらゆる面で調査されます。これらの内容をチェックし、申請者の今後の返済能力の有無を見定めます。



万が一、即日融資も可能なプロミス審査に登録した内容に虚偽の内容が発覚すれば信用問題に引っかかるだけでなく即日融資も可能なプロミス審査の時点で落とされてしまうでしょう。具体的な例として既に他社借入がある場合、事故を起した事があるという場合には、通常、早いプロミス審査でも通る見込みはほとんど無いでしょう。


他社借入を経験したことがある方はご存知だと思いますが、借り入れというのは銀行などの大手の消費者金融から設定されている少ない金額を貸して貰うことを表します。常識的にキャッシング審査早いなど金融機関での現金の借り方の流れというのは、万が一の時の保証金を工面したり、連帯保証人を立てる必要がありそうです。


しかし、キャッシング審査通りやすいの場合は、保証人を探してきたり担保を用意することなく気軽な気持ちでお金を借りられることもありカードローンの審査早いと言われています。
在籍確認や運転免許証や保険証などの本人だと認められる証明書を提出すれば、たいてい誰でも支障なく融資を受けられるでしょう。この間、当日のうちにキャッシング審査早いしてほしいなと思って、スマートフォンから借入れ申し込みをやってみました。


スマートフォンから申し込むと、手続きが早くなるため、借入れ金の振込までの所要時間が思いっきり短縮できるためです。



そのかいあって、数時間程で振り込んでいただきました。融資を受ける金融機関の借り方によって借りることが出来る限度額が決まっていますが、少ない金額での利用はもちろんその日にすぐにお金を借りられる即日融資、500万円ほどの高額融資も早いと評判の即日融資も可能なプロミス審査の条件をしっかり満たしていれば申込み可能です。在籍確認や他社借入などの確認はありますが、またきちんとプロミス審査に申込みができれば受け取り時間まで流れもほとんどかからず、時間がない時でもすぐに現金を受け取れるのでとても便利でおすすめです。
こうした申請も今ではカードで出来るというのが基本になっています。

プロミスの早い借り方では、24時間いつでもネットからプロミス審査に申込みが可能で、10秒ほどで即日融資も可能なプロミス審査の結果もわかる流れです。もちろん在籍確認にも通らないといけません。


あの大手企業「三井住友銀行」のグループにプロミスは入っているので、安心感があり、人気を集めている理由の一つといえます。



全国におよそ10万台もの提携ATMがあるので、コンビニを利用すれば誰でも手軽に利用することができます。



忙しい方には嬉しい早くて簡単な「WEB完結」なら他社借入や本人確認などの面倒な書類等も郵送する事なくできます。

キャッシングの申し込み時は、利用限度額も重要です。キャッシング限度額が50万円以下のときは、本人確認書類として運転免許証を提示するだけで契約することが可能だからです。
しかし、希望限度額が50万円超であったり、他社からの借入金額を加えて100万円を超えてしまうと、収入証明を提出しなければならず、事務手続きが少しばかり繁雑になるのです。

京都府の方向け自営業者の借り入れお役立ち情報

自営業でも借りれるローンなら
\即日融資NO.1のプロミス/

京都府で今すぐお金借りるなら