お金借りる自営業

\自営業の方がお金借りるなら/

トップページ > 北海道

急な出費で生活費がピンチ…
今月は収入が少なくて金欠…
自営業はローン組めないんじゃ…
自営業でも借りれる所ある?


お金が必要な自営業の方は必見!

こちらでは北海道でお金を借りたい自営業の方のために、即日融資も可能な自営業向けカードローンをご紹介しています。(※最短1時間融資)

自営業なら大手の消費者金融で借りるのがおすすめ

お金を借りたいと思った時に便利なのが、カードローンやキャッシング。

ですが、自営業の方がお金を借りる場合は審査に通らなかったり、審査に通ったとしても希望する額が借りられないのでは?と、不安に思う方が多いのではないでしょうか。

そんな自営業の方におすすめなのが、大手の消費者金融カードローンです。

よく比較される銀行カードローンの場合は低金利ですが、金利が低いために審査が厳しいのが特徴です。収入が不安定な自営業者の場合は審査に落ちる可能性が高くなります。

反対に消費者金融は金利がやや高いものの、審査は柔軟に対応してくれるところが多いため、自営業者におすすめのカードローンとなります。

特に大手の消費者金融であれば、初回借入時のみ最大30日間無利息で借りれるサービスや、即日融資にも対応していることもあり、メリットが大きい点がおすすめポイントになります。

自営業の方がお金借りるなら収入証明書類のご用意を

大手の消費者金融カードローンの場合は、借入希望額が50万円以下の場合に限り収入証明書の提出なしでお金を借りれます。

ですが、自営業の場合はたとえ借入希望額が50万円以下であっても、無条件で収入証明書類の提出が求められることが多いです。

というのも、消費者金融は法律により年収の3分の1までしか融資できません。そのため、金融機関が年収を把握する必要があることから、収入が不安定な自営業の方は特に収入証明書の提出が求められるという事です。

提出が求められる収入証明書類は金融機関ごとに異なるので、申込前に公式サイトで確認しておくことをおすすめします。

自営業者がお金を借りるなら利用目的をはっきりすること

自営業でも借りれるカードローンやキャッシングには、事業資金には使えない場合があり注意が必要です。

もしも事業資金として借り入れたいなら、ビジネスローンに申し込む必要があります。

反対に事業資金以外のプライベートな事であれば、使い道自由なので何でもOK!

ただし、自営業の場合は節税のために経費と生活費の区別があいまいな場合が多いです。お金を借りたらきちんと返済できるよう、利用目的をはっきりしておくことをおすすめします。

自営業者がお金借りるなら
\使い道自由な即日ローン/

PC・スマホから申込可能
24時間365日土日もOK
実質年率4.5%~17.8%
限度額1万円~500万円
審査時間最短30分
無利息期間30日間
  • 初回は30日間利息0円
    メールアドレス登録とWeb明細利用の登録をするだけで、30日間利息0円でお金が借りれます。
  • 担保・保証人なしで借りれる
  • 今日中に借りれる
    三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。
  • Webなら最短1時間で借入OK
  • スマホなら専用アプリが便利
  • 大手キャッシング会社で安心

【収入証明書類】
自営業者の場合は、以下のいずれかの公的な収入証明書類があると信用度が高くなります。

  • 確定申告書
  • 住民税決定通知書
  • 所得証明書
  • 課税証明書 など

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • パスポートまたは健康保険証+住民票
  • 在留カード
  • 特別永住証明書 など
最短即日で振り込み可能
実質年率3.0%~18.0%
限度額1万円~800万円
審査時間最短30分
無利息期間最大30日間
  • 初回は最大30日間利息0円
  • 担保・保証人なしで借りれる
  • 今日中に借りれる
  • Web完結で契約手続き可能
  • PC・スマホで申し込みOK

【収入証明書類】
自営業の方は、お借入総額により以下の収入証明書のいずれかが必要です。

  • 市民税・県民税額決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書(第一表) など

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • 健康保険証 など
来店不要で即日融資OK
実質年率3.0%~18.0%
限度額1万円~800万円
審査時間最短30分
無利息期間最大30日間
  • 担保・保証人なしで借りれる
  • 今日中に借りれる
  • Webですべての手続き完了
  • 初回は30日間利息0円

【収入証明書類】
自営業者の場合、以下のいずれかの公的な収入証明書類を提出すると審査に有利になるようです。

  • 住民税決定通知書
  • 確定申告書
  • 所得証明書 など

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 公的証明書類
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード など

まとめ

こちらでは、自営業の方におすすめのカードローンをご紹介しました。

実は自営業の方は、一般の会社員と比べるとお金が必要になる機会が多い職業です。

急ぎでお金が必要ではない方でも、いざという時のためにカードローンに申し込みしておくというのはいかがでしょうか。

ちなみに大手消費者金融で用意されている30日間無利息サービスですが、一般的には契約日の翌日から無利息期間が適用になります。これでは契約後すぐに早く借り入れしないと無利息期間がどんどん過ぎてしまいます。

一方プロミスの場合は、初回借入日の翌日から無利息期間が適用されるのが特徴です。

これだと、あらかじめプロミスに申し込みだけしておけば、後日借入した場合でも30日間利息0円で借りれる事になりとてもお得です。

よって、どうしても今すぐお金が必要な方、急ぎではない方でも、自営業者がお金を借りるならプロミスをおすすめします。

北海道の方向け自営業者の借り入れQ&A

こちらでは、お金を借りたい自営業の方のために、よくある質問と答えをQ&A形式でまとめてご紹介しています。

Q. 自営業者はローン組めないイメージがあるんですが、消費者金融でもローン組めないでしょうか?

A. 大手消費者金融を利用すれば、自営業や個人事業主の方でも申し込みできます。

自営業または個人事業主の方の場合、収入が不安定なイメージがあるために審査で不利になってしまうようです。

という事は、安定した収入があることが証明できれば、審査に通る可能性が高くなるということになります。

その安定した収入を証明するためには、「公的な収入証明書類」を提出するのが一番確実です。

おもな収入証明書類は以下の通りです。

【収入証明書類】

  • 給与明細書
  • 源泉徴収票
  • 所得証明書
  • 課税証明書
  • 住民税額決定通知書
  • 確定申告書の控えのコピー など

なお、金融機関ごとに収入証明書類として認められる書類は異なります。自営業の方は公式サイトで確認し、事前に用意しておくことをおすすめします。

Q. 自営業でも今日中に即日で融資してもらえるカードローンってありますか?

A. 即日融資にも対応している大手の消費者金融なら、自営業の方でも即日でお金を借りることが可能です。

こちらでご紹介しているプロミスアコムアイフルなら審査が早く、申し込みから借り入れまでの手続きも早いのでおすすめです。

また、はじめて利用する方には30日間利息0円で借りれるお得なサービスが適用されるので、銀行カードローンより早くお得にお金を借りることが出来ますよ。

お急ぎの方は必要書類を用意し、パソコンやスマホからWeb申し込みすることをおすすめします。

Q. どうしても生活費が足りません。自営業なんですが消費者金融で融資してもらえますか?

A. はい。自営業の方でも生活費として借り入れるなら融資可能です。

自営業の方が消費者金融のカードローンを利用する場合は「事業資金」として借り入れることはできませんが、生活費としてお金を借りることは十分可能です。

よく大手カードローン会社では、○○万円以下の少額借入なら収入証明不要で借りれる所が多いですよね。

ですが、自営業者の場合にはたとえ少額借入であっても、収入証明書を用意するようにして下さい。そうすれば審査において有利になると思われます。

それから希望する借入額についてですが、はじめは必要最低限のみ借りるようにしてみて下さい。

自営業以外の方でも、高額融資を希望するより少額融資を希望するほうが、審査に通る可能性は高くなるようです。

自営業の借り入れ基礎知識コラム

プロミスの借り入れを初めて利用される方には嬉しい早い特典があります。


それは、プロミス審査に申し込んでから最長30日間の無利息期間が設けられている点です。
スマートフォンからの申込みも可能で、プロミスのアプリをお使い頂くと、他社借入などの必要な書類もそこから提出できますし、今いる場所から最も近くにあるATMを自動で検索してくれます。また借りたお金の具体的な返済方法を計算してくれるので、無駄に使うことなく上手に利用できる借り方の流れでしょう。自営業として働く方がお金を借りるためには、少額でも収入証明書類を提出するなど、審査に落ちない対策を取ることをおすすめします。プロミス審査はバレない在籍確認方法もあります。

先週の日曜日、子供がいきなり発熱と嘔吐を繰り返し、病院で診てもらうことになり財布にいくら入れていたか確かめると現金を入れるのを忘れてた!という失態がありました。

嬉しいことに、在籍確認などのキャッシング審査早いには通過していました。

かといって、休日にも関わらずキャッシングで現金を貸してもらえるか?と、ずいぶん焦り、心配したものの、順調にお金を借りることが可能だったのです。
他社借入をしたことがなかったので、金融機関が閉まっている休日でもキャッシングが利用できるとはまったく見聞もなく、思い付かなかったので、休みの日でも現金の借り入れが問題ないことが解ってとても早い便利な借り方の流れだなと唸りました。思ったよりも自営業でも借りれるカードローンの審査早いので安心です。金銭的に困窮してしまっているという場合には早い段階で借りられるプロミスで借り入れをするのが得策だと言えるでしょう。自営業者が金融機関からお金を借りるには、少額の借り入れでも収入証明書類を提出するなど、審査落ち対策をしておくのがおすすめです。他社借入をしたことがある人は知っていると思いますが、お金を借りる方法の流れは、サービスをおこなう業者に申し込んで審査をしてもらうことになりますが、いくつも貸金業者がある中で着目してほしいのがカードローンの審査早いです。

様々な宣伝で目撃することもとても多いですし、心配なく利用できる消費者金融会社ばかりだと言えるでしょう。

すぐにお金が必要!という際にも在籍確認など早い審査から即日で融資してもらえることもあるので、お金がどうしても必要なときにはとても頼りになる存在です。キャッシングを利用する借り方には、カードローンの審査早いをパスする必要があるのですが本人確認やその人の属性、信用情報、書類確認や在籍確認といったいろいろの審査項目があります。これら全部の基本情報を基にしたうえで、しっかりとお金を返済出来る人物であるかどうか?検証されるとういうわけです。
例えば申請内容に偽りのデータが発見された場合、審査落ちする可能性が高いです。

具体的な例を挙げると、いくつかの銀行から他社借入をしていたり、今までに一度でも大きな事故を起こした事がある場合には、カードローンの審査緩いに通らない流れでしょう。自営業者が金融機関からお金を借りるには、少額の借り入れでも収入証明書類を提出するなど、審査落ち対策をしておくのがおすすめです。想像していた以上の思いがけない出来事が起こった際に、直ちにそこそこの金額の現金が可能な限りすぐに入り用になり、必要な金額を借り入れしようとした際に、サービスやキャッシング審査早いのはどこか借り方では様々なことで迷うこともあるでしょう。
自営業として働く方がお金を借りるためには、少額でも収入証明書類を提出するなど、審査に落ちない対策を取ることをおすすめします。

そういった様な時は、とりあえず冷静に判断し、ネット上からありとあらゆる金融機関・キャッシングカードの口コミを調べてみて口コミなどを見てキャッシング会社自体の評判が良いサービスを選んで実際に申し込み、利用してみるのも一つの良い借入方法の流れでしょう。



自営業者が金融機関からお金を借りるには、少額の借り入れでも収入証明書類を提出するなど、審査落ち対策をしておくのがおすすめです。



他社借入がある時には、自営業でも借りれるカードローンの審査通りやすいの申請時に素直に答えると在籍確認に進めることができます。予想外の出来ごとが自身に起こり急にお金が大至急用意しないといけない場合がありますが、こういう時は即日でOK!というキャッシング審査通りやすいが相当に有益で気軽に利用でき、おすすめです。最近で発生した支払に関する流れには、お歳暮、そして年末の会社での飲み会新年になると孫や親族へのお年玉も必要になり、どのくらいお金が手元にあってもお札が足りなかった・・というような口コミも聞きます。そんな状況の時にカードローンの審査早いを利用するとピンチを切り抜くことが出来るのでとても助かる借り方です。



カードローンの審査早いでは在籍確認を受ける必要がありますし、他社借入があるのならキャッシング審査早いにきちんと報告をしてください。

キャッシングが何かと言えば短期間の小口融資を意味するものと言いますがそれに対し、長期で借りる高額の金額融資をカードローンと言い、紛らわしいですが借入方法にこのような違いがあります。そのため、いざ利用する際の流れにはカードローンの審査通りやすいと言われる基本的な規約として基本では支払は翌月決められた日に一括払いですが、カードローンの返済方法は、長期で返済していけるリボ払いという方法がほとんどとなっています。
このことから、金利に関してはあくまでも高金利になるのはカードローンの方になります。

ところで、カードローンの審査早いは在籍確認や他社借入について早いと言われていますが、そんなことはありませんので正直に話すことです。
キャッシング申し込みの際は、利用限度額も大切なポイントでしょう。
利用限度額が50万円以下ですと、本人確認のために運転免許証1枚あれば契約できるのがその理由です。

けれども、借入限度額が 50万円を超す金額であったり、他社からの借入金額を加えて100万円を超えてしまうと、収入証明書を提出する必要があり、事務が多少繁雑になるのです。



キャッシングするには、勤め先と勤続年数を申し出なければなりません。借りようとする人物の返済能力の有無を確かめるのが目的です。
その後、勤務先あてに勤務が事実か確かめる為の電話等が入ることになります。
職場への連絡を嫌う人もいると想像できますが、今は大手の消費者金融からの連絡だと分からないよう工夫も為されています。 借入れを行う消費者金融の借り方によって借りることが出来る限度額が決まっていますが、数千円といった小額のお金からその日のうちにすぐに融資をうけられるもの、300万円から500万円といった高額融資も早いプロミス審査に申込みさえきちんとできれば受けられます。在籍確認や他社借入などの確認はありますが、即日融資も可能なプロミス審査に申込みをしてからの流れも早くスムーズで、急いでいる時でもすぐにお金を受け取ることができるので、急いでいる時には特に便利です。こうした手続きも全てカード一枚で行うというのが基本になっています。



北海道の方向け自営業者の借り入れお役立ち情報

自営業でも借りれるローンなら
\即日融資NO.1のプロミス/

北海道で今すぐお金借りるなら