お金借りる自営業

\自営業の方がお金借りるなら/

トップページ > 島根県

急な出費で生活費がピンチ…
今月は収入が少なくて金欠…
自営業はローン組めないんじゃ…
自営業でも借りれる所ある?


お金が必要な自営業の方は必見!

こちらでは島根県でお金を借りたい自営業の方のために、即日融資も可能な自営業向けカードローンをご紹介しています。(※最短1時間融資)

自営業なら大手の消費者金融で借りるのがおすすめ

お金を借りたいと思った時に便利なのが、カードローンやキャッシング。

ですが、自営業の方がお金を借りる場合は審査に通らなかったり、審査に通ったとしても希望する額が借りられないのでは?と、不安に思う方が多いのではないでしょうか。

そんな自営業の方におすすめなのが、大手の消費者金融カードローンです。

よく比較される銀行カードローンの場合は低金利ですが、金利が低いために審査が厳しいのが特徴です。収入が不安定な自営業者の場合は審査に落ちる可能性が高くなります。

反対に消費者金融は金利がやや高いものの、審査は柔軟に対応してくれるところが多いため、自営業者におすすめのカードローンとなります。

特に大手の消費者金融であれば、初回借入時のみ最大30日間無利息で借りれるサービスや、即日融資にも対応していることもあり、メリットが大きい点がおすすめポイントになります。

自営業の方がお金借りるなら収入証明書類のご用意を

大手の消費者金融カードローンの場合は、借入希望額が50万円以下の場合に限り収入証明書の提出なしでお金を借りれます。

ですが、自営業の場合はたとえ借入希望額が50万円以下であっても、無条件で収入証明書類の提出が求められることが多いです。

というのも、消費者金融は法律により年収の3分の1までしか融資できません。そのため、金融機関が年収を把握する必要があることから、収入が不安定な自営業の方は特に収入証明書の提出が求められるという事です。

提出が求められる収入証明書類は金融機関ごとに異なるので、申込前に公式サイトで確認しておくことをおすすめします。

自営業者がお金を借りるなら利用目的をはっきりすること

自営業でも借りれるカードローンやキャッシングには、事業資金には使えない場合があり注意が必要です。

もしも事業資金として借り入れたいなら、ビジネスローンに申し込む必要があります。

反対に事業資金以外のプライベートな事であれば、使い道自由なので何でもOK!

ただし、自営業の場合は節税のために経費と生活費の区別があいまいな場合が多いです。お金を借りたらきちんと返済できるよう、利用目的をはっきりしておくことをおすすめします。

自営業者がお金借りるなら
\使い道自由な即日ローン/

PC・スマホから申込可能
24時間365日土日もOK
実質年率4.5%~17.8%
限度額1万円~500万円
審査時間最短30分
無利息期間30日間
  • 初回は30日間利息0円
    メールアドレス登録とWeb明細利用の登録をするだけで、30日間利息0円でお金が借りれます。
  • 担保・保証人なしで借りれる
  • 今日中に借りれる
  • Webなら最短1時間で借入OK
  • スマホなら専用アプリが便利
  • 大手キャッシング会社で安心

【収入証明書類】
自営業者の場合は、以下のいずれかの公的な収入証明書類があると信用度が高くなります。

  • 確定申告書
  • 住民税決定通知書
  • 所得証明書
  • 課税証明書 など

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • パスポートまたは健康保険証+住民票
  • 在留カード
  • 特別永住証明書 など
最短即日で振り込み可能
実質年率3.0%~18.0%
限度額1万円~800万円
審査時間最短30分
無利息期間最大30日間
  • 初回は最大30日間利息0円
  • 担保・保証人なしで借りれる
  • 今日中に借りれる
  • Web完結で契約手続き可能
  • PC・スマホで申し込みOK

【収入証明書類】
自営業の方は、お借入総額により以下の収入証明書のいずれかが必要です。

  • 市民税・県民税額決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書(第一表) など

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • 健康保険証 など
来店不要で即日融資OK
実質年率3.0%~18.0%
限度額1万円~800万円
審査時間最短30分
無利息期間最大30日間
  • 担保・保証人なしで借りれる
  • 今日中に借りれる
  • Webですべての手続き完了
  • 初回は30日間利息0円

【収入証明書類】
自営業者の場合、以下のいずれかの公的な収入証明書類を提出すると審査に有利になるようです。

  • 住民税決定通知書
  • 確定申告書
  • 所得証明書 など

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 公的証明書類
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード など

まとめ

こちらでは、自営業の方におすすめのカードローンをご紹介しました。

実は自営業の方は、一般の会社員と比べるとお金が必要になる機会が多い職業です。

急ぎでお金が必要ではない方でも、いざという時のためにカードローンに申し込みしておくというのはいかがでしょうか。

ちなみに大手消費者金融で用意されている30日間無利息サービスですが、一般的には契約日の翌日から無利息期間が適用になります。これでは契約後すぐに早く借り入れしないと無利息期間がどんどん過ぎてしまいます。

一方プロミスの場合は、初回借入日の翌日から無利息期間が適用されるのが特徴です。

これだと、あらかじめプロミスに申し込みだけしておけば、後日借入した場合でも30日間利息0円で借りれる事になりとてもお得です。

よって、どうしても今すぐお金が必要な方、急ぎではない方でも、自営業者がお金を借りるならプロミスをおすすめします。

島根県の方向け自営業者の借り入れQ&A

こちらでは、お金を借りたい自営業の方のために、よくある質問と答えをQ&A形式でまとめてご紹介しています。

Q. 自営業者はローン組めないイメージがあるんですが、消費者金融でもローン組めないでしょうか?

A. 大手消費者金融を利用すれば、自営業や個人事業主の方でも申し込みできます。

自営業または個人事業主の方の場合、収入が不安定なイメージがあるために審査で不利になってしまうようです。

という事は、安定した収入があることが証明できれば、審査に通る可能性が高くなるということになります。

その安定した収入を証明するためには、「公的な収入証明書類」を提出するのが一番確実です。

おもな収入証明書類は以下の通りです。

【収入証明書類】

  • 給与明細書
  • 源泉徴収票
  • 所得証明書
  • 課税証明書
  • 住民税額決定通知書
  • 確定申告書の控えのコピー など

なお、金融機関ごとに収入証明書類として認められる書類は異なります。自営業の方は公式サイトで確認し、事前に用意しておくことをおすすめします。

Q. 自営業でも今日中に即日で融資してもらえるカードローンってありますか?

A. 即日融資にも対応している大手の消費者金融なら、自営業の方でも即日でお金を借りることが可能です。

こちらでご紹介しているプロミスアコムアイフルなら審査が早く、申し込みから借り入れまでの手続きも早いのでおすすめです。

また、はじめて利用する方には30日間利息0円で借りれるお得なサービスが適用されるので、銀行カードローンより早くお得にお金を借りることが出来ますよ。

お急ぎの方は必要書類を用意し、パソコンやスマホからWeb申し込みすることをおすすめします。

Q. どうしても生活費が足りません。自営業なんですが消費者金融で融資してもらえますか?

A. はい。自営業の方でも生活費として借り入れるなら融資可能です。

自営業の方が消費者金融のカードローンを利用する場合は「事業資金」として借り入れることはできませんが、生活費としてお金を借りることは十分可能です。

よく大手カードローン会社では、○○万円以下の少額借入なら収入証明不要で借りれる所が多いですよね。

ですが、自営業者の場合にはたとえ少額借入であっても、収入証明書を用意するようにして下さい。そうすれば審査において有利になると思われます。

それから希望する借入額についてですが、はじめは必要最低限のみ借りるようにしてみて下さい。

自営業以外の方でも、高額融資を希望するより少額融資を希望するほうが、審査に通る可能性は高くなるようです。

自営業の借り入れ基礎知識コラム

予想外の出来ごとが自身に起こり急にお金が大至急用意しないといけない場合がありますが、そんな時には、即日中に必要額を融資してもらえるカードローンの審査やさしいがとても手軽に使えて、役立ちます。最近よく聞く家計の流れでは、お世話になった方に送るお歳暮や会社の忘年会そして、年が明けるとお年玉の準備もあり、短期間に現金が不足になってしまった・・というケースも聞かれました。


そう言った時こそカードローンの審査やさしいを利用するとピンチを切り抜くことが出来るのでとても助かる借入方法です。


カードローンの審査早いでは在籍確認を受ける必要がありますし、他社借入があるのならキャッシング審査早いにきちんと報告をしてください。昨今のキャッシングはコンビニでもお金を借りることが可能なものがとても増えています。

行きつけのコンビニのATMですぐにキャッシングを利用できるので、買い物をするついでにキャッシングも出来て、評判がいいです。返済する時も、コンビニから出来るというところが多いでしょう。
休みの日に用事があり、朝から外出していて財布を鞄から出して中身を確認したら小銭しか入ってない・・という出来事がありました。
幸い在籍確認などのキャッシング審査早いには通っていました。
しかし、必要だと言っても、土日にキャッシングで急に融資を受けるのは可能なのか?と、ずいぶん焦り、心配したものの、ごく当たり前に現金を受け取ることができました。
他社借入は利用したことが無かったし、このような事態になる前までは、休日でもキャッシングができると全く考えてもいなかったので、借り入れが平日と同様に一年中できることが判明されてとても早い便利な借入方法の流れだなと唸りました。思ったよりも自営業でも借りれるカードローンの審査早いので安心です。1枚所持していると助かるクレジットの機能には「ショッピング枠」、「キャッシング枠」、「利用限度額」という3つのものが設置しています。
使用できる金額の上限の範囲内には「ショッピング枠」と「キャッシング枠」が該当されるようですが、私が生活で利用するとなった場合、ショッピングの支払する時にしか使ったことがありませんし、頻度も少ないです。

ですから、どのような方法で現金の借入方法を行えば現金を引き出すことが可能になるのでしょうか?ハッキリ分からないので予定外の支出の時のために理解しておきたいです。

知識として自営業でも借りれるカードローンの審査早い流れを身につけておきたいです。

キャッシング審査早いと噂らしいですが、在籍確認はもちろんあります。

他社借入についても自営業でも借りれるカードローンの審査早いから質問されますので隠さず伝えましょう。


プロミスを活用した借り方は、初めて使われるお客様にはスペシャルな特典があり、プロミスのカードローンの審査緩いに申し込みいただいた日から30日間、金利ゼロでご利用できます。



スケジュールが埋まっている方でもスマートフォンを使って簡単にキャッシング審査やさしいに申し込みでき、即日融資も可能なプロミスのアプリを使って頂くと身分証明書や他社借入などの書類の提出も楽勝で済み、在籍確認もきちんとあります。

GPS機能が備わっているので、現在の場所からいちばん近いATMがある場所を教えてくれます。そして返済プランもちゃんと立ててくれるので、計画性のある借り方が出来るので初めて利用される方でも安心できる流れです。
借入はキャッシングができるカードローンを用いて借り入れをすると煩わしさもなくとても便利なことなのです。
自分のクレジットカードを持つことが出来たということはお金を借用したいという目的で行う自営業でも借りれるカードローンの審査緩いや在籍確認も他社借入なども考慮した上で通過しているということにつながりますから、そのカードの借り入れできる最高額までならば例えばATMなど、使いやすいご希望の早い借入方法を選んですごく手軽でとってもスピーディーな流れでプロミスの融資をすることもできますから困った時に頼ることができます。キャッシングが何かと言えば短期間の小口融資を意味するものであるのに比較して、自営業でも借りれるカードローンというものは長期の大口融資を表すものといったところで借り方が違うと一般的に言われています。それゆえ、実際に利用する時の手順では覚えておきたいカードローンの審査やさしいという大事な決まり事として返済は明くる月に一度で済ます支払いになりますが、カードローンの返済方法は、長期で返済していけるリボ払いという方法がほとんどとなっています。

そのため、一般的に考えて金利はカードローンを利用した方が高くなります。



それに、在籍確認などキャッシング審査早いので、正直に他社借入がある場合には伝える必要があります。カードローンの審査早いで借り入れOKになったので、借金をする際にクレカのサービスを利用したことがある方は大多数であると考えられるとおもいますが、収入に合った金額だけの融資を受けたのにも関わらず返済期日になった時に結局お金が足りなくなってしまいお金を返すことが不可能だというケースも出てきます。借り方でこのような由々しき状態になってしまったら、リボ払いという返済の仕方をとることによって軽い負担で返済していくことができる流れもあるのです。



返済をすることで苦しみ続けているという状況でしたら、少額へと変更可能なリボ払いだと安心です。


カードローンの審査早いに関して在籍確認や他社借入についても質問されるので嘘偽りなく話しましょう。

キャッシングを使っていて多重の債務に陥る危険性を負わないためには、まず、しっかりした返済の計画を立ててそれを実行にうつすことですが、もう一つ重要なのはある融資の返済が残っているにも関わらずさらにキャッシングをするのを避けるという決意です。
キャッシング利用時は、勤務先及び勤続年数の申告が必要です。

債務者となる人物の返済能力の有無を確かめるのが目的です。その後、勤務先に在籍しているか確認する電話等が入ります。


勤め先に連絡が来るのには抵抗を感じる人もいるでしょうが、昨今は消費者金融であることを伏せる配慮をしてくれるでしょう。自営業として働く方がお金を借りるためには、少額でも収入証明書類を提出するなど、審査に落ちない対策を取ることをおすすめします。

島根県の方向け自営業者の借り入れお役立ち情報

自営業でも借りれるローンなら
\即日融資NO.1のプロミス/

島根県で今すぐお金借りるなら