お金借りる自営業

\自営業の方がお金借りるなら/

トップページ > 東京都

急な出費で生活費がピンチ…
今月は収入が少なくて金欠…
自営業はローン組めないんじゃ…
自営業でも借りれる所ある?


お金が必要な自営業の方は必見!

こちらでは東京都でお金を借りたい自営業の方のために、即日融資も可能な自営業向けカードローンをご紹介しています。(※最短1時間融資)

自営業なら大手の消費者金融で借りるのがおすすめ

お金を借りたいと思った時に便利なのが、カードローンやキャッシング。

ですが、自営業の方がお金を借りる場合は審査に通らなかったり、審査に通ったとしても希望する額が借りられないのでは?と、不安に思う方が多いのではないでしょうか。

そんな自営業の方におすすめなのが、大手の消費者金融カードローンです。

よく比較される銀行カードローンの場合は低金利ですが、金利が低いために審査が厳しいのが特徴です。収入が不安定な自営業者の場合は審査に落ちる可能性が高くなります。

反対に消費者金融は金利がやや高いものの、審査は柔軟に対応してくれるところが多いため、自営業者におすすめのカードローンとなります。

特に大手の消費者金融であれば、初回借入時のみ最大30日間無利息で借りれるサービスや、即日融資にも対応していることもあり、メリットが大きい点がおすすめポイントになります。

自営業の方がお金借りるなら収入証明書類のご用意を

大手の消費者金融カードローンの場合は、借入希望額が50万円以下の場合に限り収入証明書の提出なしでお金を借りれます。

ですが、自営業の場合はたとえ借入希望額が50万円以下であっても、無条件で収入証明書類の提出が求められることが多いです。

というのも、消費者金融は法律により年収の3分の1までしか融資できません。そのため、金融機関が年収を把握する必要があることから、収入が不安定な自営業の方は特に収入証明書の提出が求められるという事です。

提出が求められる収入証明書類は金融機関ごとに異なるので、申込前に公式サイトで確認しておくことをおすすめします。

自営業者がお金を借りるなら利用目的をはっきりすること

自営業でも借りれるカードローンやキャッシングには、事業資金には使えない場合があり注意が必要です。

もしも事業資金として借り入れたいなら、ビジネスローンに申し込む必要があります。

反対に事業資金以外のプライベートな事であれば、使い道自由なので何でもOK!

ただし、自営業の場合は節税のために経費と生活費の区別があいまいな場合が多いです。お金を借りたらきちんと返済できるよう、利用目的をはっきりしておくことをおすすめします。

自営業者がお金借りるなら
\使い道自由な即日ローン/

PC・スマホから申込可能
24時間365日土日もOK
実質年率4.5%~17.8%
限度額1万円~500万円
審査時間最短30分
無利息期間30日間
  • 初回は30日間利息0円
    メールアドレス登録とWeb明細利用の登録をするだけで、30日間利息0円でお金が借りれます。
  • 担保・保証人なしで借りれる
  • 今日中に借りれる
  • Webなら最短1時間で借入OK
  • スマホなら専用アプリが便利
  • 大手キャッシング会社で安心

【収入証明書類】
自営業者の場合は、以下のいずれかの公的な収入証明書類があると信用度が高くなります。

  • 確定申告書
  • 住民税決定通知書
  • 所得証明書
  • 課税証明書 など

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • パスポートまたは健康保険証+住民票
  • 在留カード
  • 特別永住証明書 など
最短即日で振り込み可能
実質年率3.0%~18.0%
限度額1万円~800万円
審査時間最短30分
無利息期間最大30日間
  • 初回は最大30日間利息0円
  • 担保・保証人なしで借りれる
  • 今日中に借りれる
  • Web完結で契約手続き可能
  • PC・スマホで申し込みOK

【収入証明書類】
自営業の方は、お借入総額により以下の収入証明書のいずれかが必要です。

  • 市民税・県民税額決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書(第一表) など

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • 健康保険証 など
来店不要で即日融資OK
実質年率3.0%~18.0%
限度額1万円~800万円
審査時間最短30分
無利息期間最大30日間
  • 担保・保証人なしで借りれる
  • 今日中に借りれる
  • Webですべての手続き完了
  • 初回は30日間利息0円

【収入証明書類】
自営業者の場合、以下のいずれかの公的な収入証明書類を提出すると審査に有利になるようです。

  • 住民税決定通知書
  • 確定申告書
  • 所得証明書 など

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 公的証明書類
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード など

まとめ

こちらでは、自営業の方におすすめのカードローンをご紹介しました。

実は自営業の方は、一般の会社員と比べるとお金が必要になる機会が多い職業です。

急ぎでお金が必要ではない方でも、いざという時のためにカードローンに申し込みしておくというのはいかがでしょうか。

ちなみに大手消費者金融で用意されている30日間無利息サービスですが、一般的には契約日の翌日から無利息期間が適用になります。これでは契約後すぐに早く借り入れしないと無利息期間がどんどん過ぎてしまいます。

一方プロミスの場合は、初回借入日の翌日から無利息期間が適用されるのが特徴です。

これだと、あらかじめプロミスに申し込みだけしておけば、後日借入した場合でも30日間利息0円で借りれる事になりとてもお得です。

よって、どうしても今すぐお金が必要な方、急ぎではない方でも、自営業者がお金を借りるならプロミスをおすすめします。

東京都の方向け自営業者の借り入れQ&A

こちらでは、お金を借りたい自営業の方のために、よくある質問と答えをQ&A形式でまとめてご紹介しています。

Q. 自営業者はローン組めないイメージがあるんですが、消費者金融でもローン組めないでしょうか?

A. 大手消費者金融を利用すれば、自営業や個人事業主の方でも申し込みできます。

自営業または個人事業主の方の場合、収入が不安定なイメージがあるために審査で不利になってしまうようです。

という事は、安定した収入があることが証明できれば、審査に通る可能性が高くなるということになります。

その安定した収入を証明するためには、「公的な収入証明書類」を提出するのが一番確実です。

おもな収入証明書類は以下の通りです。

【収入証明書類】

  • 給与明細書
  • 源泉徴収票
  • 所得証明書
  • 課税証明書
  • 住民税額決定通知書
  • 確定申告書の控えのコピー など

なお、金融機関ごとに収入証明書類として認められる書類は異なります。自営業の方は公式サイトで確認し、事前に用意しておくことをおすすめします。

Q. 自営業でも今日中に即日で融資してもらえるカードローンってありますか?

A. 即日融資にも対応している大手の消費者金融なら、自営業の方でも即日でお金を借りることが可能です。

こちらでご紹介しているプロミスアコムアイフルなら審査が早く、申し込みから借り入れまでの手続きも早いのでおすすめです。

また、はじめて利用する方には30日間利息0円で借りれるお得なサービスが適用されるので、銀行カードローンより早くお得にお金を借りることが出来ますよ。

お急ぎの方は必要書類を用意し、パソコンやスマホからWeb申し込みすることをおすすめします。

Q. どうしても生活費が足りません。自営業なんですが消費者金融で融資してもらえますか?

A. はい。自営業の方でも生活費として借り入れるなら融資可能です。

自営業の方が消費者金融のカードローンを利用する場合は「事業資金」として借り入れることはできませんが、生活費としてお金を借りることは十分可能です。

よく大手カードローン会社では、○○万円以下の少額借入なら収入証明不要で借りれる所が多いですよね。

ですが、自営業者の場合にはたとえ少額借入であっても、収入証明書を用意するようにして下さい。そうすれば審査において有利になると思われます。

それから希望する借入額についてですが、はじめは必要最低限のみ借りるようにしてみて下さい。

自営業以外の方でも、高額融資を希望するより少額融資を希望するほうが、審査に通る可能性は高くなるようです。

自営業の借り入れ基礎知識コラム

他社借入を経験済みの人は分かっていると思いますが、借り入れというのはクレジット会社やキャッシング会社とも呼ばれる大手の消費者金融から、設定されている少ない金額を用立てて頂くことを意味します。



普通では、カードローンの審査早いなど金融機関から融資を受ける流れにはいくつかの条件があったり、もしも何かあった時の保証人を用意する必要があり、場合によっては担保も必要になる気がします。


にも関わらず、カードローンの審査早いの場合は異なり、保証金や連帯保証人を見つけることなく、お金を借り入れすることが出来るのでキャッシング審査通りやすいのです。在籍確認や本人確認できる書類の提出があり、審査基準に合格すれば誰でも、たいてい誰でも支障なく融資を受けられるでしょう。予定以上に出費がかさんで現金が出来るだけすぐに手元に必要になるケースがあるかと思いますが、そんな時には、即日中に必要額を融資してもらえるカードローンの審査やさしいがとても手軽に使えて、役立ちます。主な支払関係の流れとしましては、お歳暮の時期・年末は飲み会そしてお正月になると孫や親せきの子へのお年玉の用意もありどのくらいお金があっても瞬く間に無くなってしまった・・といった様な共感できる事柄もいっぱい存在します。
そんなケースにはカードローンの審査早いを上手に活用するとその危機を賢く乗り切る借入方法ができます。


因みに、在籍確認があるカードローンの審査早いでは、他社借入に関しても調べられますので真心を持って答えてください。申請をする銀行や金融機関の借入方法にかかっては一度に申込できる借用限度額というのは決まっていますが、数千円ほどの小額のお金をその日に借りられる即日融資は当然ですが、三百万から五百万ほどの高額融資も早いと評判のカードローンの審査早い条件をきちっと当てはまっていれば申込み可能です。


在籍確認や他社借入などの確認はされますが、またしっかりとカードローンの審査早いに申込みができればお金が手元に来る時間まで流れもほとんどかからず、時間がない時でもすかさず融資を受けることができるので、かなり便利だということで利用者も増加しています。
こうした借り入れ手続きも全部カード一枚で行うというのが普通のようです。現金が不足した時に使える代役として重宝するクレジットカードの機能は「ショッピング枠」、「キャッシング枠」、「利用限度額」というものが存在するみたいですね。

使用できる金額の上限の範囲内には「ショッピング枠」と「キャッシング枠」が設定されているそうですが、私は友達と行ったり1人で行ったりする時の買い物でしかカードローンは利用した経験がありません。
現金が引き出せる借り方をするためにはどのようにすれば現金を引き出すことが可能になるのでしょうか?ハッキリ分からないので急に現金が手元になくなった場合のために把握しておくつもりです。

加えて、知恵としてカードローンの審査緩い流れも学んでおきたいと思います。


キャッシング審査早いに通過するには在籍確認は当然ですが、他社借入をしてるかどうかも大事なポイントになります。



キャッシング審査早いを利用したい!と考えた時に借入方法は月々の支払に対する返済方法がだいたい決まっていたり、返済方法を自分の都合が良いようにいくつかの中から選択することがきでますが、多額な利息を払うことになりたくないのであれば、できれば早々に短い期間で返済も無理なく出来る借入方法を選んだ方が、利息の額を考慮すれば行く行くのことを考えてもプラスになる流れでしょう。他社借入を利用したことがある人は経験済みだと思いますが、返済をしっかりと毎月早く済ますことが可能であればあるほど、そのあと、また借りることがあったとしてもとてもスムーズになり、さらに早いキャッシング審査早いや在籍確認など、これからも利用しやすくなるでしょう。
自営業として働く方がお金を借りるためには、少額でも収入証明書類を提出するなど、審査に落ちない対策を取ることをおすすめします。借入方法でカードローンの審査早いを使った場合の返済方法の流れでいくらかまとまった金額を繰り上げ返済をするというのは実際に融資を受けている総返済額を減少させることと長期的にかかってしまう返済の期間を短期間にするのにすごくメリットが大きく、効率的な借り方なのです。
なぜなのかというと、繰り上げ返済されたお金の全てが元本の返済に使用され、借金の金額自体が元から減るようになるからです。

ですが、金融期間の契約によっては繰り上げ返済が無理な落ち込んでしまうような設定になっている稀なケースもあり得ます。

他社借入を抱えている人でも、キャッシング審査緩いの申し込み時に嘘偽りなく答えると在籍確認に進めることができるでしょう。

自営業として働く方がお金を借りるためには、少額でも収入証明書類を提出するなど、審査に落ちない対策を取ることをおすすめします。
キャッシング審査緩いのをパスして、クレジット会社が提供している自営業でも借りれるカードローンを活用したことがある人は大多数であると考えられるとおもいますが、十分に計画を立てた上で借金をしたつもりなのに返済期日になった時に結局お金が足りなくなってしまい金額をたたき出すことが出来ず返済が停滞してしまうこともあります。こういう借入方法をして困った状態に陥ってしまったならばリボ払いという返済の仕方をとることによってさしあたって少額の返済で済ますことができる流れも可能です。
どのようにしても返金が無理であろうという時には、ありがたいリボルビング払いがあるということも心に留めておいてください。



いくらカードローンの審査通りやすいといっても、他社借入はしてないと偽りの証言をすると融資を受けられません。
キャッシングを契約する場合は勿論、キャッシング限度額もポイントになるものです。



キャッシング限度額が50万円以下のときは、本人確認のために運転免許証1枚あれば契約することができるからです。

しかし、希望する限度額が50万円を超したり、他社からの借入金額と合わせて100万円を超す場合は所得証明を提出することになり、手続きが少々繁雑になるという訳です。
融資を利用する借入方法にはカードローンの審査やさしいを受けなければいかず、本人確認や在籍確認だけではなく、属性、書類確認、信用情報等も審査項目に含まれています。
それらの項目をすべて確認し判定した上で、借り入れする方にきちんとした返済能力が備わっているかどうかをじっくり見定めるのです。仮に、申請した内容にウソがあったりした際には、審査落ちする可能性が高いです。


例えば他社借入で高額の借金を抱えていた場合、今まで大きな事故を起こした事のある方は、キャッシング審査早いに通る見込みはほとんど無い流れと思って下さい。
キャッシングを利用したいと考えた借入方法は、何を置いてもまずはカードローンの審査早いに合格する必要があります。

年収や勤務先、現在他社借入があるのかなどお金に関係する詳しい内容を審査されるのです。


審査の全てが完了までのタイムはスピーディーなキャッシング審査早い会社の場合思ったより長く時間がかかってしまったとしても僅か三十分ほどで必要な手順を終えることができますが、キャッシング会社に知らせていた勤務先に所属しているか在籍確認が取れた後に現金を借ることが可能なようになるために、絶対に他社借入などについて誤魔化した情報などを書かないように注意しましょう。

東京都の方向け自営業者の借り入れお役立ち情報

自営業でも借りれるローンなら
\即日融資NO.1のプロミス/

東京都で今すぐお金借りるなら