お金借りる自営業

\自営業の方がお金借りるなら/

トップページ > 鳥取県

急な出費で生活費がピンチ…
今月は収入が少なくて金欠…
自営業はローン組めないんじゃ…
自営業でも借りれる所ある?


お金が必要な自営業の方は必見!

こちらでは鳥取県でお金を借りたい自営業の方のために、即日融資も可能な自営業向けカードローンをご紹介しています。(※最短1時間融資)

自営業なら大手の消費者金融で借りるのがおすすめ

お金を借りたいと思った時に便利なのが、カードローンやキャッシング。

ですが、自営業の方がお金を借りる場合は審査に通らなかったり、審査に通ったとしても希望する額が借りられないのでは?と、不安に思う方が多いのではないでしょうか。

そんな自営業の方におすすめなのが、大手の消費者金融カードローンです。

よく比較される銀行カードローンの場合は低金利ですが、金利が低いために審査が厳しいのが特徴です。収入が不安定な自営業者の場合は審査に落ちる可能性が高くなります。

反対に消費者金融は金利がやや高いものの、審査は柔軟に対応してくれるところが多いため、自営業者におすすめのカードローンとなります。

特に大手の消費者金融であれば、初回借入時のみ最大30日間無利息で借りれるサービスや、即日融資にも対応していることもあり、メリットが大きい点がおすすめポイントになります。

自営業の方がお金借りるなら収入証明書類のご用意を

大手の消費者金融カードローンの場合は、借入希望額が50万円以下の場合に限り収入証明書の提出なしでお金を借りれます。

ですが、自営業の場合はたとえ借入希望額が50万円以下であっても、無条件で収入証明書類の提出が求められることが多いです。

というのも、消費者金融は法律により年収の3分の1までしか融資できません。そのため、金融機関が年収を把握する必要があることから、収入が不安定な自営業の方は特に収入証明書の提出が求められるという事です。

提出が求められる収入証明書類は金融機関ごとに異なるので、申込前に公式サイトで確認しておくことをおすすめします。

自営業者がお金を借りるなら利用目的をはっきりすること

自営業でも借りれるカードローンやキャッシングには、事業資金には使えない場合があり注意が必要です。

もしも事業資金として借り入れたいなら、ビジネスローンに申し込む必要があります。

反対に事業資金以外のプライベートな事であれば、使い道自由なので何でもOK!

ただし、自営業の場合は節税のために経費と生活費の区別があいまいな場合が多いです。お金を借りたらきちんと返済できるよう、利用目的をはっきりしておくことをおすすめします。

自営業者がお金借りるなら
\使い道自由な即日ローン/

PC・スマホから申込可能
24時間365日土日もOK
実質年率4.5%~17.8%
限度額1万円~500万円
審査時間最短30分
無利息期間30日間
  • 初回は30日間利息0円
    メールアドレス登録とWeb明細利用の登録をするだけで、30日間利息0円でお金が借りれます。
  • 担保・保証人なしで借りれる
  • 今日中に借りれる
  • Webなら最短1時間で借入OK
  • スマホなら専用アプリが便利
  • 大手キャッシング会社で安心

【収入証明書類】
自営業者の場合は、以下のいずれかの公的な収入証明書類があると信用度が高くなります。

  • 確定申告書
  • 住民税決定通知書
  • 所得証明書
  • 課税証明書 など

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • パスポートまたは健康保険証+住民票
  • 在留カード
  • 特別永住証明書 など
最短即日で振り込み可能
実質年率3.0%~18.0%
限度額1万円~800万円
審査時間最短30分
無利息期間最大30日間
  • 初回は最大30日間利息0円
  • 担保・保証人なしで借りれる
  • 今日中に借りれる
  • Web完結で契約手続き可能
  • PC・スマホで申し込みOK

【収入証明書類】
自営業の方は、お借入総額により以下の収入証明書のいずれかが必要です。

  • 市民税・県民税額決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書(第一表) など

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • 健康保険証 など
来店不要で即日融資OK
実質年率3.0%~18.0%
限度額1万円~800万円
審査時間最短30分
無利息期間最大30日間
  • 担保・保証人なしで借りれる
  • 今日中に借りれる
  • Webですべての手続き完了
  • 初回は30日間利息0円

【収入証明書類】
自営業者の場合、以下のいずれかの公的な収入証明書類を提出すると審査に有利になるようです。

  • 住民税決定通知書
  • 確定申告書
  • 所得証明書 など

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 公的証明書類
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード など

まとめ

こちらでは、自営業の方におすすめのカードローンをご紹介しました。

実は自営業の方は、一般の会社員と比べるとお金が必要になる機会が多い職業です。

急ぎでお金が必要ではない方でも、いざという時のためにカードローンに申し込みしておくというのはいかがでしょうか。

ちなみに大手消費者金融で用意されている30日間無利息サービスですが、一般的には契約日の翌日から無利息期間が適用になります。これでは契約後すぐに早く借り入れしないと無利息期間がどんどん過ぎてしまいます。

一方プロミスの場合は、初回借入日の翌日から無利息期間が適用されるのが特徴です。

これだと、あらかじめプロミスに申し込みだけしておけば、後日借入した場合でも30日間利息0円で借りれる事になりとてもお得です。

よって、どうしても今すぐお金が必要な方、急ぎではない方でも、自営業者がお金を借りるならプロミスをおすすめします。

鳥取県の方向け自営業者の借り入れQ&A

こちらでは、お金を借りたい自営業の方のために、よくある質問と答えをQ&A形式でまとめてご紹介しています。

Q. 自営業者はローン組めないイメージがあるんですが、消費者金融でもローン組めないでしょうか?

A. 大手消費者金融を利用すれば、自営業や個人事業主の方でも申し込みできます。

自営業または個人事業主の方の場合、収入が不安定なイメージがあるために審査で不利になってしまうようです。

という事は、安定した収入があることが証明できれば、審査に通る可能性が高くなるということになります。

その安定した収入を証明するためには、「公的な収入証明書類」を提出するのが一番確実です。

おもな収入証明書類は以下の通りです。

【収入証明書類】

  • 給与明細書
  • 源泉徴収票
  • 所得証明書
  • 課税証明書
  • 住民税額決定通知書
  • 確定申告書の控えのコピー など

なお、金融機関ごとに収入証明書類として認められる書類は異なります。自営業の方は公式サイトで確認し、事前に用意しておくことをおすすめします。

Q. 自営業でも今日中に即日で融資してもらえるカードローンってありますか?

A. 即日融資にも対応している大手の消費者金融なら、自営業の方でも即日でお金を借りることが可能です。

こちらでご紹介しているプロミスアコムアイフルなら審査が早く、申し込みから借り入れまでの手続きも早いのでおすすめです。

また、はじめて利用する方には30日間利息0円で借りれるお得なサービスが適用されるので、銀行カードローンより早くお得にお金を借りることが出来ますよ。

お急ぎの方は必要書類を用意し、パソコンやスマホからWeb申し込みすることをおすすめします。

Q. どうしても生活費が足りません。自営業なんですが消費者金融で融資してもらえますか?

A. はい。自営業の方でも生活費として借り入れるなら融資可能です。

自営業の方が消費者金融のカードローンを利用する場合は「事業資金」として借り入れることはできませんが、生活費としてお金を借りることは十分可能です。

よく大手カードローン会社では、○○万円以下の少額借入なら収入証明不要で借りれる所が多いですよね。

ですが、自営業者の場合にはたとえ少額借入であっても、収入証明書を用意するようにして下さい。そうすれば審査において有利になると思われます。

それから希望する借入額についてですが、はじめは必要最低限のみ借りるようにしてみて下さい。

自営業以外の方でも、高額融資を希望するより少額融資を希望するほうが、審査に通る可能性は高くなるようです。

自営業の借り入れ基礎知識コラム

プロミスの借り方を申込むには、電話やインターネットの他に、直接店頭窓口を利用するもの、ATMを使う方法といった4箇所からプロミス審査に申込みできるのです。


またジャパンネット銀行または、三井住友銀行の口座を保有している方であれば、受付が終わってからおよそ10後にはお金が振り込まれるサービスを利用できる流れなので嬉しいですね。


女性には嬉しい専用ダイヤルがあったり、30日間は無利息の期間を設けているのも早いプロミスで借り入れをされる方が多いのはこのような点にあるのではないでしょうか。


キャッシング審査早いといってもでは、リボ払いにすると便利ですが、覚えておかなければいけないリスクもあります。
そのリスクは、毎月リボ払いで支払うお金に利子が増えてしまうことです。一括で返済する場合なら一ヶ月分の利子がかかるだけで済みますが、リボ払いには毎月の利子が上乗せされます。リスクもありますが、リボ払いは毎月支払うべき金額が少ないので、負担の少ない方法です。


プロミスで行う借り方は、インターネットでの申請であれば24時間いつでも申し込みできますし、申込みをしてから約10後にはプロミス審査の結果を確認できるようになっています。



プロミスを知らない方でも三井住友銀行のグループであるといえば安心できる点も、今最も注目されている早いサービスの一つであるといえます。

便利なATMも全国に10万台もあるので、忙しい方でもコンビニから気軽にできるという点も嬉しい流れですね。

全てインターネット上で在籍確認や他社借入などのプロミス審査の申込みできるので郵送しなくても良いのは大きなポイントといえるでしょう。自営業者が金融機関からお金を借りるには、少額の借り入れでも収入証明書類を提出するなど、審査落ち対策をしておくのがおすすめです。
お金が必要なとき、キャッシング審査早い大手の消費者金融をという手段を考えますよね。
だけど、審査があるからどうしようと思う人も多いのではないでしょうか。
審査に通らない場合はブラックリストに名前があるか、無職の場合がほとんどを占めているのです。きちんとした収入があり、ブラックリストにのったことのない人は、心配しないで審査を受けてみることをお薦めします。

出し抜けに様々な予期せぬ出来事に遭遇し多額の現金が早急に手元に必要になる場合があるかもしれませんが、そのようなことになったのなら、即日にでも対応できる早い自営業でも借りれるカードローンの審査緩いが相当に有益で気軽に利用でき、おすすめです。



支払いの流れについて聞いたところでは、年末の忘年会あるいはお世話になった方々へのお歳暮また、年始には子供たちへのお年玉の支度もあり、どのくらいお金が手元にあってもお札が足りなかった・・といった様な共感できる事柄もいっぱい存在します。そんなケースにはカードローンの審査早いを上手に活用するとお金が順調に回りますので心配ない借入方法が可能です。キャッシング審査早いは在籍確認や他社借入などちゃんと検証しますので正確に述べてください。

カードローンの審査早いを受けて借り入れをする時にクレジットカードの枠を利用しことがある人は大多数であると考えられるとおもいますが、収入に合った金額だけの融資を受けたのにも関わらず直前になって手元にあるお金が不十分だということが分かって返金が困難になってしまうという場合もあるかも知れません。

このような借入方法でどうしようもないような状況のときには、返済の方法を変えてリボ払いにすることによって月々の返済金額を大幅に低くできる流れもあるのです。返済をすることで苦しみ続けているという状況でしたら、リボルビング払いが救いの手になってくれるはずです。



在籍確認などカードローンの審査緩いとしても、嘘は申告せずに正直に他社借入の事を伝える必要があります。

キャッシングするには、勤務する会社名等と勤続年数を伝えなければなりません。
借りようとする人物の返済能力の有無を確認する目的です。

すると、職場に在籍しているか確認する電話等が入ることになります。
勤め先に連絡が来るのには抵抗を感じる人もいるでしょうが、昨今は大手の消費者金融であることを伏せる工夫も為されています。
 他社借入を経験したことがある方はご存知だと思いますが、借り入れというのは銀行などの大手の消費者金融からルールに則った少ない額のお金を用立てて頂くことを意味します。

普通、キャッシング審査早いなど金融機関からの借り方の流れとしては色々な条件があったり連帯保証人や保証金をもしもの場合のために準備する必要があると考えます。ですが、そうした中でもキャッシング審査早いの場合は、保証人を探してきたり担保を用意することは無用なので急な時でも軽い気持ちで借りられることもありキャッシング審査早いと評判なのです。在籍確認や本人だと確認ができる運転免許証や保険証の準備が必要ですが、ほとんどの場合で、融資して貰えます。

借入れをする消費者金融の借り方に拠って借りることが可能な限度額が決定されていますが、一万円にも満たない少額のお金や即日融資はもちろん、反対に500万円前後の高額融資の借り入れをしてもらう事も早いと評判のキャッシング審査早い条件をきちっと当てはまっていれば申込み可能です。在籍確認あるいは他社借入などの確認はありますが、カードローンの審査早いに申請をしてからの流れもすばやくスムーズで、すぐさまお金が手元に届くから、非常に便利でお薦めです。基本的にはカードを使って融資を受けるというのが、現在の主流になっています。プロミスの借入方法は通常、借り入れを利用したら必ず返済期日までに借り入れした分の金額に利子を合わせて支払う流れになっています。もし一度でも支払いを延滞するような事があれば、プロミスから残りのお金を一括でまとめて支払うように、場合によっては請求されることもあります。なのでお金を準備するのが難しく、返済することが出来ない場合には、予め返済出来ない事をプロミスに伝えておきましょう。

そうすれば急な督促もなくなり、今後、どのように返済していけば良いのか?といった具体的な計画まで相談することも可能だからです。
いくら早いプロミス審査でも、他社借入がないと虚偽の証言をすると融資を受けられません。

鳥取県の方向け自営業者の借り入れお役立ち情報

自営業でも借りれるローンなら
\即日融資NO.1のプロミス/

鳥取県で今すぐお金借りるなら